『パーソナルカラーがサマーなのに、ラベンダーが似合わないのはなぜ?』 パーソナルカラー診断あるある①

 

ALOHA !!

 

ご訪問ありがとうございます。

魅せ方が変わると波動が上がり人生も変わる!

似合う色とファッションで年齢を理由にしない魅力的な自分になろう!

魅力アップアドバイザーの美穂です。

パーソナルカラー診断あるあるシリーズ第1弾!

→いきなり始まってすみません。ずっとやりたかったもので…

診断を受けて自分のパーソナルカラーがわかったけれど、その中に似合わない色がある。

なぜだろう…

そう思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、診断するカラーアナリスト側も、似合わない色のせいで診断に迷いが生じるパターンもあるかと思います。

カラーアナリストはもちろん、カラー診断にご興味のある方にも参考になれば嬉しいです。

 

初回のあるあるは…

「パーソナルカラーがサマーなのに、ラベンダーが似合わないのはなぜ?」です。

→はい、私のこと。笑

4シーズン理論しかわからなかった頃のお話しです。

サマーの代表色であるラベンダーは、サマーなら似合わなきゃおかしいと思っていました。

でも、ドレープをあてると何だかくすんでいるような…

なぜだ、なぜなんだ〜。

スプリングの①クロッカス(同じパープル系)の方が良い感じ。

ひょっとしてスプリング?

いや、キャメルよりグレーが似合うからブルベのはず。

イエベ、ブルベはそもそもベースが違うし…

と、こんな感じで頭の中が大混乱でした。

これはパーソナルカラーの4シーズンの枠の中だけで、考えていたからです。

 

そこで、美奈子先生から12タイプカラー診断を学び、謎が解けました。

JCBA12タイプカラー診断とは

4シーズンだけでは分析しきれないトーンの違いを知り、納得。

サマーの色の中でも得意なトーン、苦手なトーンがあるのを知りました。

ラベンダー系の色は3種類あります。

①ラベンダー

②ウィステリアミスト

③ペールライラック

ラベンダーが1番グレイッシュなのが、おわかりになるでしょうか

ペールライラックが1番明るくクリアな色です。

 

 

ここから少し、専門的なお話しを…

サマーの色と言っても、様々な色があるのです。

まずは明度、彩度、トーンの説明から。

明度は明るさの度合い、彩度は鮮やかさの度合いを言います。

(色彩検定協会からお借りしました)

縦軸が明度、横軸が彩度です。

明度が高いものほど明るく、低いものは暗くなります。

左の縦軸を見れば、白が1番明るく黒が暗い、わかりやすいですね。

彩度は高いものが鮮やかで派手、低くなると落ち着いて地味な印象になります。

1番彩度が高いものが横軸の右にあるビビッド、最も鮮やかな色です。

また、混じり気のない鮮やかな色が純色、純色に白を混ぜた色が明清色、黒を混ぜた色が暗清色、純色にグレーを混ぜた色が濁色です。

そしてトーンとは、明度と彩度を組み合わせた色の調子のことを言います。

 

ここで改めてサマーの色を見てみましょう。

高〜中明度、中〜低彩度、濁色となり、様々なトーンが混ざっています。

丸で囲ったあたりでしょうか。

 

12タイプカラー診断で改めてトーンを学び、私は濁りのない明るいトーンが得意なタイプとわかりました。

まさに明清色。

そのため、濁りを感じるグレイッシュなラベンダーはそこまで似合わなかったのです。

逆に、ラベンダーが似合ないからサマーではないと言う思い込みは危険。

濁色が苦手なサマーの方もいらっしゃいます。

パーソナルカラーだけではなくトーンで見ていくと、得意なもの、苦手なものが見えてきますよ。

トーンを見極められるようになると、4シーズンのテストドレープに振り回されることもなくなります。

 

私は得意なトーンを知り、益々明るい色が好きになりました。

暗い色を着ると、沈む。

そう感じていたので、基本的に暗い色は選びません。

過去に購入したダークトーンアイテムは見事にタンスの肥やしとなり

その後処分。

改めて、私には明るさが必要なんだと実感しております。

顔が地味な和風顔だから、なおさら。。。笑

現在は心がときめく明るい色であれば、パーソナルカラー以外の色も自由に取り入れています。

それが苦手シーズンでも、気にしません。

トーンさえ間違えなければ、着こなせるのを知っているからです。

もちろん、カバー方法も。。。

皆さまにも、自由に色を楽しんでいただきたいと思います。

 

パーソナルカラーは知っているけれど、似合うトーンがわからない方、詳しく知りたい方はお気軽にご相談下さいね。

お問い合わせ

また、4シーズン診断で悩まれているカラーアナリストの方、色に興味があり勉強してみたい方は、JCBA日本カラービューティライフ協会をチェック。

ワンランク上のカラーアナリスト養成講座をご用意しております。

JCBAカラーアナリスト養成講座の特徴

 

では、最後にお決まり文句を。

色は光の波動、知らない間に人間の身体に影響を与えています。

カラフルな色を味方に、素敵な1日となりますように・・・

感染予防に免疫力アップ、くれぐれもご自愛下さいませ♡

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

♡ ALOHA & MAHALO MIHO ♡

コメントを残す