イエベ秋なのに、オータムらしいアースカラーがいまいち似合わないのはなぜ?パーソナルカラー診断あるある。

 

ALOHA !!

 

ご訪問ありがとうございます。

魅せ方が変わると波動が上がり人生も変わる!

似合う色とファッションで年齢を理由にしない魅力的な自分になろう!

魅力アップアドバイザーの美穂です。

パーソナルカラー診断あるあるシリーズ。

今回は…

『イエベ秋なのに、オータムらしいアースカラーがイマイチ似合わないのはなぜ?』です。

イエベ秋タイプは、実りの秋をイメージできる熟した果実や紅葉など、深みのあるシックな色がお似合いになります。

まずは、こちらのオータムのカラーパネルをご覧下さい。

色の明るさは中〜低、色の鮮やかさも中〜低。

そしてグレーが混ざっている濁色です。

全体的に落ち着いた雰囲気ですよね。

ただ、同じオータムでも様々。

下記のようなアースカラーが似合わないタイプもいらっしゃいます。

こちらも同じイエベ秋タイプですが、いかがでしょうか。

アースカラーと言うより、ビビットなウインターカラーに似ていませんか?

濁りが少なくて、濃い色です。

このようなタイプは、アースカラーだとお顔色がぼやけてしまいます。

イエベ秋タイプの方で、アースカラーに苦手意識がある方は、色みがしっかりある深みのある濃い色を選んで下さいね。

ビビットなウインターもお似合いになる方が多いです。

4シーズンのみならず得意なトーンを知っていると、幅が広がります。

本日の私も、苦手シーズンイエベ秋のワンピースでした。

苦手なトーンさえ避ければ、着れてしまうのです。

着用していると、パーソナルカラーをイエベ秋に間違えられることも。

似合うを知って、色を自由に楽しみましょう♪

 

JCBA日本カラービューティライフ協会では、トーンを見極められる12タイプカラー診断のカラーアナリスト養成講座も開催しております。

4シーズン理論だけでは解決できない、日々のお悩みが解決します

悩めるカラーアナリストの皆さま、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

詳しくはこちらをご覧下さい。

12タイプカラー診断システム

 

では、最後にお決まり文句を。

色は光の波動、知らない間に人間の身体に影響を与えています。

カラフルな色を味方に、素敵な1日となりますように・・・

感染予防に免疫力アップ、くれぐれもご自愛下さいませ♡

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

♡ ALOHA & MAHALO MIHO ♡

コメントを残す